MRの仕事内容はどんなもの

Tags: No Tags
Comments: MRの仕事内容はどんなもの はコメントを受け付けていません。
Published on: 2016年10月20日

製薬業界への転職にもいくつかの選択肢がありますが、中でも年収がいい事からMRに転職したいと考える人が増えています。

MRとはどんな事をする仕事なのかをチェックします。

・MRとは?

MRは医療情報担当者の事です。

製薬会社には必ずMR担当者がいて、重要な役目を担っています。

MRは、営業のように思われがちだから、営業が苦手な人は敬遠してしまいますが、実際には営業職ではありません。

仕事をするにあたり、ある程度の専門的知識が必要となるため、薬の事に詳しい薬剤師の転職にも人気があります。

薬剤師としての知識と経験を生かせるのも、MRが人気の理由です。

・MRの仕事内容

MRの仕事は、「自社で製造販売している薬品についての情報提供をする」事がメインとなります。

情報の中には、医薬品の安全性や効果なども含まれていますので、自社製品についても知っておく事が大切です。

これは患者さんが安心して医薬品を使えるよう、医師や薬剤師にそれを伝えておくのも大切な仕事です。

時に他社の製品と比べて良さをアピールする事もあるので、他社製品の事も勉強しておきます。

・まとめ

MRは製薬業界の中でも人気がある仕事です。

薬剤師はある程度薬の知識を持っていますし、薬の扱い方も知っているから、製薬業界への転職でMRを目指すときにも有利と言われています。

説明できる事も求められますので、コミュニケーション力も必要となります。

製薬業界へ転職を考えているなら、MRへの転職をおすすめします。

Welcome , today is 土曜日, 2017年11月25日