坐骨ってどこ?

坐骨というのは座ったとき、おしりの下に手を当てると当たる骨の事です。

坐骨神経痛と聞くと、お尻のあたりが痛むイメージですが、その症状は人により違いがあります。

坐骨神経痛も神経症の一種ですが、神経痛と診断される中で一番多いのも坐骨神経痛です。
早く痛みを止めたい方へ:坐骨神経痛(座骨神経痛)を治したい│漢方薬の健康堂薬局

神経痛の多くは何らかの原因で神経が圧迫される事で起こりますが、坐骨神経痛も坐骨が何らかの原因で圧迫される事で起こります。
もう一つの原因として、冷えも大きな要因となります。

坐骨神経痛のはっきりとした原因は解明されていない部分もありますが、大体は神経の圧迫か冷えによるものです。

神経が圧迫される原因として考えられるのは、腰椎間板ヘルニアです。

姿勢が悪い人や、仕事などで常に重いものを持ち運びするような場合、腰に過度の負担が掛かり神経を圧迫します。

姿勢が悪いと血流にも影響を与えますので、血行不良から冷えが起こり坐骨神経痛の原因となる事があります。

痛みが出る範囲も個人差が大きく、お尻からくるぶしにかけて全体がシクシクと痛む、太ももだけ痛む、膝から下だけ痛むなど実に様々です。

坐骨神経は比較的大きく長い神経という事もあって、一度痛み出すと痛み止めを飲んでもあまり効かない事もあります。

痛みがひどい人はしびれという症状も出てしまい、日常生活にも支障が出る事も少なくありません。

重度の場合は痛み止めの注射をする事もありますが、一旦治っても再発しやすく治療には長い時間がかかります。