知りたい転職、製薬ってどんな業界?

医療系の業界の転職と言うのは大きく分けると製薬と言われる業界への転職、医療機器を扱う会社への転職、医師、看護師など医療機関への転職、となるかと思います。

その中で製薬という業界、いわゆる製薬会社への転職をするにはいくつかの選択肢があります。

薬剤師は製薬会社でも働けるので、調剤薬局から製薬会社への転職という事もできます。

・製薬会社への転職

選択肢としては、ドラッグストア、病院、クリニック、企業となっていますが、その中に製薬会社があります。

雇用形態も、正社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣など自分のスタイルで働く事ができます。

今製薬業界は人気があって、転職を希望する人も増えています。

もちろん薬剤師の資格がなくても、製薬業界への転職は可能です。

・製薬業界の仕事の種類

製薬業界にはいくつかの職種があります。

MR(医薬情報担当者)、CRA(臨床開発モニター)、薬事、PMS(市販後調査)、品質管理や品質保証、ファーマコビジランス、メディカルアフェアーズなどがあります。

個人のスキルや経験なども多少関係してきますが、製薬業界の中でも、MRやCRAは年収も多い事から、転職を希望する人も増えている傾向があります。

・まとめ

製薬業界への転職は、たくさんの可能性がある事、ニーズが多い事もメリットです。

真剣に転職を考えている人は、転職支援サイトを利用するのもおすすめです。

製薬業界は求人数も多いから、専門のサイトを探すと求人も見つけやすいです。

転職支援サイトを利用すれば、面接のアドバイスやサポートも受けられるので転職活動がしやすく、成功率もアップします。

Welcome , today is 土曜日, 2016年12月3日